PLANTS DESIGNのプランターがすごい【室内園芸】

【プランツデザイン制作の鉢】

PLANTS DESIGN:室内園芸研究工房が制作されている
プランターがすごくおしゃれなので紹介してみます。

もともとは
京都精華大学水槽学部の部長(代表/デザイナー:竹内一馬 愛称マックスさん)が植物の魅力に目覚め、
植物栽培装置「STACK POT」を作るに至ったそう。

まずはInstagramの写真をみていただきましょう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by PLANTS DESIGN(室内園芸研究工房) (@plantsdesign.jp) on

“スタイリッシュ”のひとこと。

外見が優れているのみでなく、
水の減り具合が目で見てわかるのがいいですね。

3Dプリンターを使って、
ご自身で制作されているとのこと。
まさに職人技。

工芸とデジタル技術を活用しながら
新たなプロダクトを研究開発し続けておられるようです。

HPやインスタグラムをいろいろ拝見させていただきましたが、
かなりおしゃれなプランターなので、
インテリアとしても見応えがありそうです。

【STACK POT×観葉植物】

京都精華大学から生まれたスタックポット、
いかがだったでしょうか?

デザインといえば海外の流れに押されがちな日本ですが、
海外の勢いに負けず、こういったところから頑張ってほしいですね。

ホームページもかなりおしゃれなのでぜひチェックを=

PLANTS DESIGN 公式HP: https://plantsdesign.jp/

観葉植物やお花に関する名曲プレイリスト「ボタニカルソング」

京都大学にあるクスノキの歴史【京大吉田キャンパス】