星新一のショートショート「リヨン」『きまぐれロボット』より

【植物博士の話】

超短編小説・ショートショートで有名な作家・星新一さん。
その中でも有名な短編集『きまぐれロボット』より、
「リオン」という植物に関する話をお届けしたいと思います。

5ページの超短編小説なので、
一瞬で読み終わりますが、
オチも逸品で、個人的には好きな作品だったりします。

ということで話のないように入って生きたいんですが、

ネタバレしているので、
まだ読んでない方はぜひ原作を読んでから聞いてみてください。

ボタニカルラジオについて

この話のストーリー・あらすじを語ると、

主人公のエス博士は植物博士で、
動物学者のケイ博士の家にいくんですね。

すると、家には「リオン」という
一匹の見慣れない小さな動物がいます。

大きさはネコぐらいなんですが、
黄色っぽい色で、しっぽが大きくかわいい動物で。

 

ケイ博士によると、
なんてK博士が作り上げた混血の動物らしいんですね、

しかも、リスとライオンを組み合わせた動物とのこと。

最も強い百獣の王であるライオンと、
小さくてかわいいリスとを組み合わせたから

リスとライオン=リオン。

これはいいな、ということで、

そこで植物博士のエス博士はとあるアイデアを思いつきます。

というのも、

ブドウとメロンで新種の果物
“ブロン”を作ろうとするんですね。

しばらくして、ついに実がなるときがきて、

ブドウのように小さい実が、メロンのように少ししかならなかったというオチで・

人まねをしても、簡単に成功するとは限らないっていう話でした。

最後の一文が好きで、引用すると、

博士はブロンの実をもぎ、
つまらなさそうに口に入れた。
ちょっぴりすっぱい味だった。
『きまぐれロボット / 星新一(角川文庫)』 P95 より

【SFと自然】

世の中、そううまいこと話は進まないんですね、という話でした。

とはいえ、
最近はDNAの組み換えによって、
いろんな新種の食べ物もうまれてきているので、

メロンとブドウをかけあわせた植物が、
もしかすると生まれるかもしれません。

ということで、
星新一さんの
SSの世界、楽しんでみてはいかがでしょうか?

花や緑を楽しむ「ボタニカルラジオ」という
ポッドキャストも配信中。

カルチャーと植物を絡めたトークを声でお届けします!

iPhoneで聴く→ Apple Podcast

Listen on Apple Podcasts

Android / パソコンで聴く→ グーグルポッドキャスト

Spotifyで聴く→ スポティファイ

『モチモチの木』は何の木? 斎藤隆介の絵本の思い出